• ホーム
  • 様々な種類がある抗真菌薬

様々な種類がある抗真菌薬

ひび割れたかかとに薬を塗る手

抗真菌薬は、水虫やカンジダに効果がある薬です。
外用薬や、服用薬、注射薬などがあり、市販薬として気軽に手に入れられるものもあれば、病院などでしか処方されていないものもあります。
また、抗真菌薬には様々な種類に分けられます。
これには、ポリエン系やアゾール系、キャンディン系などがあります。
真菌の細胞膜には、エレゴステロールと呼ばれる物質で構成されており、これを破壊することで真菌を死滅させることが出来ます。
ポリエン系抗真菌薬には、このエレゴステロールに結合することで破壊させる効果があるのが特徴です。
この種類の薬には、アムホテリシンBなどがあります。
ほかにも、エレゴステロールの合成を阻止する効果のあるアゾール系抗真菌薬というものもあります。
エレゴステロールの合成を阻止することが出来れば、増殖もしないので、真菌を死滅させることが可能なのです。
この種類の薬には、ミコナゾール、ケトコナゾール、ビホナゾール、イトコラコナゾールなどがあります。
中でもケトコナゾールは有名な成分であり、水虫の治療薬であるニゾラールクリームにも含まれています。
もし水虫を早く治したいと考えているならニゾラールクリームの通販サイトを利用してみましょう。
また、真菌には細胞壁が存在し、これにはグルカンとされる糖が連なることで出来るものです。
キャンディン系抗真菌薬には、このグルカンが合成されるのを防ぐ効果があり、その効果によって真菌が出来るのを防止することが可能です。
この種類の薬には、ミカファンギンなどがあります。
それぞれの症状や患者の体質などによって、効果にも違いがあり、適した薬が異なるので利用する際には注意が必要です。
また、中には副作用が生じるものがあるので、用法、用量を守ることや、医師の説明や指導などをきちんと聞き、使用することが重要です。
また、使用することですぐに効果が出ないものもあるので、根気よく使用し続けることも大切とされます。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧